メール配信システム, 仕組み化

メール配信を軽く考えていませんか?中小企業のメール活用術とは?

メール配信を利用して、宣伝や集客に結び付けるのは、もはや時代遅れだという声が上がっています。一方で、メール配信を見直し、有効活用している企業もあります。実はまだまだ効果的なメール配信について紹介したいと思います。

メール配信をビジネスで活用するのは時代遅れ?

53b38e81ac0163f0080c58d9521c95c1_s

御社では電子メールを宣伝や集客に活用されていますでしょうか?このように質問をすると、「電子メールは普段からきっちりと利用している」と答える経営者がいらっしゃいますが、連絡事項のやり取りを目的とした利用に留まっていることが大半で、顧客獲得に利用している企業は少ないのです。

たとえば、メルマガや、ダイレクトメールなど、メール配信を活用することで、顧客獲得をする方法はたくさんあるのですが、もう時代遅れだとの声もあります。まずは、メール配信を活用していない事情から検証してみましょう。

SNSの普及でメール配信は時代遅れという声

メール配信は、多くの企業がビジネスシーンで活用して来ましたが、最近はSNSの急速な普及で、その陰は薄くなっています。ブログやフェイスブック、ツイッターのほか、インスタグラムやライン、グーグルプラスなど、多くのSNSがビジネスで活用されているからです。

その結果、メール配信はもはや時代遅れだという声が高まっており、これまでせっせとメルマガを配信していたビジネスマンも、SNSでの宣伝に注力しています。

メールはほとんど読まれないとの懸念

メール配信をしなくなったのは、メルマガやダイレクトメールを送ったところで、ほとんど読まれないという懸念もあるようです。せっかく時間をかけて配信したにもかかわらず、結局読まれなければ意味がありませんし、迷惑メールと受け取られれば、自動的に削除されることもあるでしょう。

SNSであれば、相手から情報を取りに来てくれるため、読まれやすいと考えられているようです。そのため、メール配信から離れ、SNSに流れて行くという事情なのです。

メール配信は文章が難しいとの不安

メール配信はSNSよりもハードルが高いと考えられている側面もあります。SNSの場合、ある程度ラフな文章を投稿したとしても、意味が通じればいいたい事は通じるでしょう。新聞記者が投稿しているSNSでも、文章にこだわったものは少ないぐらいです。

しかし、メールの場合には、起承転結を付けて、読者を引き付ける文章を書くため、気軽な配信には不向きです。また、メール配信は短期間に連続で行うと嫌がられる可能性がありますが、SNSは頻繁に投稿しても問題ありません。そのあたりも、メール配信よりSNSが重宝される理由です。

メール配信をビジネスに活かす方法

de23e88ffc45a3142d80dfb57b9e2431_s

では、メール配信よりもSNSを活用した方が良いのでしょうか?実はこのように考えるのは早計です。なぜなら、メール配信にはメール配信の良さがあり、SNSにはSNSの良さがあるため、どちらか一方を選択するというものではありません。

メール配信と、SNSの両方を駆使して、集客の流れを作ることが重要なのです。ここでは、メール配信をビジネスに活かす方法として「まずはSNSを駆使してアクセスを集める」「ステップメールを利用する」「メルマガで見込客をフォローアップ」の3つのステップを紹介します。

まずはSNSを駆使してアクセスを集める

集客はウェブサイトをホームグラウンドにしましょう。ウェブサイトにアクセスを集めることによって、自社のサービスを理解してもらい、申し込みにつなげることが原則です。

ウェブサイトにアクセスを集める手段として、SNSを活用しましょう。ブログを書いて興味付けをするのです。そのブログの記事を拡散するために、SNSを利用するのです。

つまり、SNSはホームページにアクセスを誘引するための入り口で活用すると効果を発揮するでしょう。

ステップメールを利用する

SNSでアクセスを集め、ブログで興味付けをしたとしても、すぐに自社サイトを見てくれるとは限りません。そこで、興味を深めてもらうことが重要となります。興味を深めてもらうために有効なのが、ステップメールです。

ステップメールとは、事前に書いておいたメルマガを、読者が登録した時から段階的に自動配信する方法です。たとえば「1日1通!読むだけで営業スキルがアップするメルマガ(全10回)」というような形で、お役立ち記事を継続的に送ることで、興味を深めてもらい、自社サイトに誘引する確率があがります。

メルマガで見込客をフォローアップ

しかし、ステップメールを読み終えると、そのままサイトに訪問しなくなることも考えられます。興味はあるけれど、多忙などの事情や、タイミング的な問題で、購入まで至らないこともあるのです。

このような人を放置しておくのは、見込み客をみすみす逃すようなものなので、継続的なフォローアップが必要ですそのフォローアップにメルマガを配信すると良いでしょう。

ステップメールを送ると、メールアドレスを入手することができるため、メルマガの配信が可能になります。頻度は落としても良いですが、継続的なフォローアップを心がけましょう。ちなみに、メルマガはリピーターをつなぎとめておくことにも効果を発揮します。

メール配信システムで面倒な作業を自動化

57081f02482ba4f1b0d5aaf73f70dfb3_s

このように、メール配信は、集客の流れとしては後半部分で役立ちます。SNSで集めたアクセスを、よりホットなものにするために欠かせませんので、時代遅れと考えずに利用すると良いでしょう。メール配信は、専用システムがありますが、できれば業務管理システムや営業管理システムと一元化したものを活用すると良いでしょう。

システムはなるべく1つのもので水平展開できると、操作方法を覚えることが楽ですし、部署ごとの連携が取りやすいという特徴があります。ほかの部署とのバランスも配慮しながら、メール配信が可能なシステムを検討しましょう。

おわりに

13c922a579c7e5362767e1ce61f7a4e4_s

SNSの普及により、メール配信は時代遅れと考えられがちですが、SNSとは利用方法が異なります。現在でもしっかりと活用することで、集客効果を発揮しますので、ぜひ有効活用しましょう。御社の営業マンの代わりに、軽いアクセスをホットな顧客にと変えてくれるはずですよ。

弊社が開発・提供する、「ALL-IN」は中小企業に特化した”トータル業務マネジメントシステム”です。ERPシステムはもちろん含まれており、その他にもSFA(営業支援)システム、CRM(顧客管理)システム、BIツール、タスク管理機能など、中小企業の経営に必要な業務システムが全て一つに詰まっております。

こちらの記事もぜひご覧ください!

中小企業が経営を「システム化」するための3ポイント

生産性をあげる極意 無料小冊子プレゼント!

目次

  1. なぜ中小企業がシステム化出来ないのか?
  2. システム化する時に必ず抑えるべき13の視点
  3. 自社のシステム化 完成マップ作成シート

Facebookページにぜひ「いいね」をお願いします!

「いいね!」を押すと「経営をアップグレードしよう!」の最新コンテンツが受け取れます

すべての業務がひとつにつながる、クラウド経営システム「ALL-IN」について詳しく知りたい方はこちら!

クラウド経営システム「ALL-IN」の
資料をダウンロードする(無料)