SaaSのメリットとその本質的背景とは?〜カスタマイズからベストプラクティスの時代へ〜

新着記事

  1. SaaSのメリットとその本質的背景とは?〜カスタマイズからベストプラクティスの時代へ〜

    SaaSには、数多くのメリットが存在しますが、その中でも見逃せないのが「集合知」の存在です。 一般的な企業では、物理的に実現できないレベルのトライ&エラーをSaaSは可能にします。そんな、集合知を活用すれば、自社にとってのベストプラクティスを…

  2. SaaSのメリットとその本質的背景とは?〜カスタマーサクセスに忠実な企業〜

    SaaSを語る上で欠かせない存在といえば「カスタマーサクセス」です。 現在、多くの企業がSaaSを導入しており、これまでよりもカスタマーサクセスの役割や重要性が問われています。 なぜ、SaaSとカスタマーサクセスは相性がいいのか?その目的と役割を把握…

  3. SaaSのメリットとその本質的背景とは?〜なぜ安価で提供出来るか?〜

    従量課金制サービスやサブスクリプションが台頭する昨今。どの企業にとっても当たり前になったのが、Software as a Serviceこと「SaaS」です。しかし、運用が一般的になった現在でも、SaaSのメリットや本質的な背景を適切に理解している方…

  4. 今はまだはやい?社内の業務システムを見直すタイミングについて

    業務システムを見直すタイミングは、この記事を開いた「今」です。 業務システムは、基幹システムに比べると見直しの優先度が低いです。そのため、多くの方が業務システムの見直しを後回しにしています。ただ、業務システムの見直しが遅れた状態が続くと、「機能不足」…

  5. 【経営者が知るべき経営指標】受注高推移を視覚化して未来を切り開く

    安定した経営の実現はすべての経営者の最重要課題です。 様々な指標を見ては、会社が安定しているのか一喜一憂している経営者も少なくはありません。 今回は経営が安定しているかを示す指標の一つである「受注高」をご紹介します。 どれだけの案件を受注したかによっ…

経営を「ハイテク」にする12のITツール

経営をアップグレードする10のポイント

  1. 固客化

    「リピーター」を作る活動

  2. 見える化

    経営指標を整理し、いつでも見えるようにする活動

  3. 仕組み化

    属人的にならずに仕事を進める方法を構築すること

  4. 組織化

    人的能力とチームとしての生産性を最大化させるための活動

  5. 資産化

    未来の価値創造を容易にするための、コンテンツの蓄積など資産を積み上げる活動

  6. 共有知識化

    ノウハウを共有して、業務の効率化をしていく活動

  7. モバイル化

    いつでもどこでも仕事ができる環境を整備する活動

  8. 省力化

    同じ成果を少ない努力で出すための活動

  9. 一元化

    分散している社内のツールやシステム、データベースを整理・統合する活動

  10. 安全化

    重要な資産や情報を流出させないための対策やセキュリティ活動

経営アップグレードツール「ALL-IN」について

すべての業務がひとつにつながる、クラウド経営システム「ALL-IN」について詳しく知りたい方はこちら!

クラウド経営システム「ALL-IN」の
資料をダウンロードする(無料)