省力化

省力化

省力化は「同じ成果を少ない努力で出すための活動」です。

省力化のヒントは、道具を磨くこと。PCやソフト、システムを見直して、時代遅れのものを一新するにより生産性を向上させることができます。
こちらでは、「省力化」の基本から、実際に会社で実践するためのノウハウをお届けいたします。

省力化の記事一覧

  1. 【中小企業経営者必見】生産性革命ってなに?今がまさに改革のチャンス!

    安倍政権が掲げている新三本の矢の中でも中小企業の経営者にとって非常に重要な要素が「生産性革命」です。ここ3年間は、生産性革命をうまく捉えた経営をすることで将来が変わるといっても過言ではありません。 生産性革命の本質を知り、経営者として何をしなければな…

  2. 労働生産性の高い【5カ国】その理由を徹底解剖!

    2016年の日本の労働生産性はOECD加盟35ヵ国中22位という結果でした。主要な先進国と比べると圧倒的に低い日本の労働生産性。 今回は、2016年の労働生産性上位国であるアイルランド、ルクセンブルク、アメリカ、ノルウェー、スイスがなぜ労働生産性が高…

  3. 費用対効果でマス広告を圧倒するメディア戦略って何?

    自社企業のことを広く知ってもらいたい場合や、自社商品やサービスのことを告知したい場合には、広告を打つことが多いかと思いますが、費用対効果に悩んでいる経営者も多いようです。そこで、今回は費用をかけずに宣伝ができるメディア戦略をオススメします。 メディア…

  4. 【業務効率化】賢いシステムの選び方と使い方!

    中小企業はマンパワー不足に陥りがちであるため、システム導入によってマンパワー不足を補おうとする経営者は多いようです。しかし、やみくもにシステム導入をしても宝の持ち腐れとなります。そこで、賢いシステムの導入法を紹介します。 システム導入でありがちな失敗…

  5. 【話題のビジネス書】鬼速PDCAがすごい!今になってPDCAを学ぶ意味とは?

    はじめに 皆さんは『鬼速PDCA』という本をご存じでしょうか。急速に売り上げを伸ばしている話題のビジネス書です。PDCAサイクルといえば、言わずと知れたフレームワークですが、今回は『鬼速PDCA』からなぜ今になってPDCAサイクルを学ばなければならな…

  6. 【働き方改革】営業時間を短くすれば営業利益が増える?その業務改善方法は?

    会社の営業利益を最大化するためにはどうすれば良いのでしょうか。一人親方の個人事業主の場合は簡単です。ただ長時間働けば良いのです。一人親方の個人事業主は自分の給料は自分で決めるし、仕事をしていてもトータルのネット料金や光熱費は変わらないので、仕事をすれ…

  7. 【業務効率化実践用!】トヨタに学ぶ、ECRSの法則で業務の無駄をあぶり出すための7つの視点

    昨今、日本が直面する労働人口の減少は、今後拍車をかけていくことでしょう。つまり人口減少社会で企業が生き残っていくために、生産性向上、業務効率化は至上命題なのです。 今回は、前回ご紹介した業務効率化の効果を最大化するために使用するフレームワークであるE…

  8. 成長企業の共通点はどこにある?成長企業の秘訣を徹底解説!

    成長企業は、さまざまなノウハウや創意工夫によって成長をしているのですが、そこには共通点があります。その共通点を学ぶことで、自社の成長につなげることができるでしょう。この記事ではその共通点を解説します。 社員が高い目的意識を持っている 成長企業の共通点…

  9. 営業は足で稼ぐべきなのか?時代錯誤にならないための豆知識

    営業は足で稼ぐべきだと先輩や上司から教わっている営業は今でも多いのではないでしょうか?その理由に疑問を持たない先輩や上司がいる一方、精神論だと嫌がる後輩や部下もいるようです。その本質に迫ります。 営業は足で稼ぐ必要があるのか? 営業は足で稼ぐべきだと…

  10. 法人営業の一日を追跡!効率化できるポイントはどこ?

    営業は見込客が増え、売り上げを上げるほど忙しくなります。営業は外回りをして売り込むだけが仕事のように思っている人もいらっしゃいますが、外回りの量に比例して、雑務も増えるのです。その典型例を紹介します。 まずはネットで見込客作り 営業の仕事は大きく分け…

すべての業務がひとつにつながる、クラウド経営システム「ALL-IN」について詳しく知りたい方はこちら!

クラウド経営システム「ALL-IN」の
資料をダウンロードする(無料)