見える化

見える化

見える化とは「経営指標を整理し、いつでも見えるようにする活動」です。

売上推移や預金残高、顧客数の推移など、様々な指標が経営に大きく関わってきます。それらの指標をじっと「読む」のではなく、一目で「見える」ようにすることを「見える化」と言います。見える化の目的は、変化に気づき、すぐに行動できるようにすることです。
こちらでは、「見える化」の基本から、実際に会社で実践するためのノウハウをお届けいたします。

見える化の記事一覧

  1. 【労務管理システム】人材を有効に活用できるおすすめシステム3選

    労務管理システムは、人材を有効的に活用するためには、欠かせないシステムのひとつです。企業の目標を達成するためにも、適切な労務管理を行い人材の管理に努めましょう。そこで、今回は労務管理システムを導入すべき理由とおすすめのシステムを紹介します。 なぜ、労…

  2. コックピット経営とは何か?メリットと注意点を徹底解説!

    各部署間による情報システムの導入が一段落し、最近は蓄積したデータを有効活用する段階に入っています。そんな中で注目を集めているのがコックピット経営です。この記事では、コックピット経営とは何か、注目の理由、メリットなどを紹介し、見える化との関係性を解説し…

  3. 中小経営者が抱える大きな3つの悩みを解決します!!

    日本には数多くの中小企業が存在しており、中小企業が日本の経済を支えてきたと言っても過言でなないと思います。これを裏付けるデータとして、創業200年以上の企業が世界に5586社ある中で、そのうち3146社、つまり約56%の長寿企業は日本の企業であり、そ…

  4. 中小企業経営者を悩ませる事業継承を3つのステップで解決する!

    日経平均株価は2万円を上回り、日本の景気は徐々に上向いてきています。しかし、実感があまりないというのが日本国民が感じる正直なところではないでしょうか。特に日本の中小企業の経営者は実感していないのではないでしょうか。その1つの理由が事業継承問題にあるか…

  5. コックピット経営システムを導入すべき理由とおすすめのシステム3選

    コックピット経営は中小企業経営者なら知っておきたい経営手法のひとつです。情報が溢れる時代の中で、迅速に取捨選択し行動していくためにはコックピット経営が欠かせません。 今回は、コックピット経営システムを導入すべき理由を紹介。コックピットシステムの意味や…

  6. 【経営者が知るべき経営指標】販管費内訳の推移グラフを導入して費用構造を把握

    販管費を見える化することで、どの費用が大きくなっているのか確認することが可能です。販管費の内訳を知ることで、今後の経営に役立てられます。 今回は、そんな販管費内訳に関してご紹介。推移グラフにして毎月の販管費を見ることで大きなメリットを得られます。 本…

  7. 社員の意識改革!社員の生産性を上げるための3つの教育とは

    社員教育とひと口にいっても、さまざまな社員教育の方法がります。そのため、中小零細企業の場合には、どんな教育をして良いか分からず、結局社員の自主性に任せがちです。この記事では、人材が人財に変わる、効果的な社員教育法について紹介します。 マインドを変える…

  8. 少しの違いが大きな違いに!プロジェクト管理システムの効果を最大化するには?

    会社を経営していくにあたって生産性のアップは大きな課題です。どのようにして、社員一人当たりの生産性をアップさせればいいのか?生産性アップの方法として考えられるのが、プロジェクト管理システムの導入です。 そこで、今回は生産性をアップさせるプロジェクト管…

  9. 【中小企業経営者必見】プロジェクト管理システムを導入すべき3つの理由

    経営者として会社を運営していると、よく耳にするのが「プロジェクト管理システム」という言葉です。一つのプロジェクトを効率よく動かし、成功に導くことは企業にとって重要なことですよね。 しかし、プロジェクト管理システムを導入したからといって、プロジェクトが…

  10. プロジェクト管理とは?経営者なら知っておきたいプロジェクト管理を詳しく解説

    各場所でよく耳にする「プロジェクト管理」という言葉。聞いたことはあっても実際にどのようなものなのか理解できていない。しっかり説明できないな、という方も多いのではないでしょうか。特に そこで、今回はプロジェクト管理について徹底紹介。初めて聞く方も、なん…

すべての業務がひとつにつながる、クラウド経営システム「ALL-IN」について詳しく知りたい方はこちら!

クラウド経営システム「ALL-IN」の
資料をダウンロードする(無料)