生産性向上のヒント

経営者によくある8つのお悩みとは?意外とカンタンな解決法

経営者は自社の社員とその家族を思っている存在であるため、様々な悩みを抱えていることが多いです。なかなか解決策が見つからず、悩みから解放されない経営者もよく目にします。そこでこの記事では、よくある経営者のお悩みとその解決法を紹介します。

 

人材にまつわるお悩みと解決策

会社は人で構成されています。そのため人に期待する経営者は多いものです。一方で、期待通りの人材ではない場合には、人にまつわる悩みを持つことになります。まずは人にまつわる経営者のよくあるお悩みとして、優秀な人材が来ないこと、マンパワー不足であること、結婚や出産で女性はやめることについて解説いたします。

 

優秀な人材が来ない

人にまつわる経営者の悩みとして、優秀な人材が来ないということがあります。少子化に伴い労働人口が減る中で、企業の人材獲得競争は激化しています。積極的に求人募集を行ったとしても、思うような人材が集まらなければ、求人費用はかさむばかりです。

それならばいっそのこと、アウトソーシングを中心に、事業展開すると良いでしょう。日本の法律では、社員を解雇することは難しいです。アウトソーシングであれば、契約の範囲で、必要な時に必要な人材を確保することができるでしょう。

 

マンパワー不足

マンパワー不足というのも経営者にありがちなお悩みです。マンパワーが細くすると社員の残業が増えてしまいます。残業の増加は、社員の疲れを蓄積させるだけでなく、割増の残業代を支払うロスがあります。そのため、適切なマンパワーを確保しておかなければなりません。

マンパワー不足を解消するために、パートやアルバイトなど低賃金労働者を増やすと良いでしょう。責任のある仕事を、パートアルバイトでもこなせるように、業務マニュアルの構築に力を入れましょう。

 

結婚や出産で女性が辞める

結婚や出産で女性が辞めていくということも大きなお悩みの一つです。特に、優秀な女性が辞めてしまうと、会社にとっては大きな痛手となるでしょう。

このようなことを解消するには、社内に保育スペースを作り、結婚生活をしていても、働きやすくしてあげると良いでしょう。また、時短で働けるようにすることも一つの方法です。

 

お金にまつわるお悩みと解決策

人の問題と同じぐらい経営者が悩みがちなことが、お金にまつわる問題です。会社はしっかりと利益を得ないことには、存続することができません。古いデータではありますが、東京商工リサーチが、2014年に倒産企業の平均寿命をリサーチしたところ、たったの23.5年だったとのことです。

それほど会社を存続し続けることは難しいということが言えるでしょう。そのような中、経営者にとってのお金の悩みとして、人件費が高いことや資金繰りが困難であること、売り上げが思うように上がらないことなどが挙げられます。

 

人件費が高い

人件費が高いことは会社の経営を圧迫します。人件費の高さと利益が比例するのであれば問題ないのかも知れませんが、必ずしもそうとは限りません。かといって人件費を安く設定すると、良い人材が集まりませんので、そのバランスが重要となります。

人件費は、一定額を保つことで、人件費の計画が立てやすくなり、結果的に会社への負担を軽くすることが可能です。

若い世代ばかりに人材が偏っている会社の場合、彼らの年齢が上がって行くと共に人件費も上がってしまいます。人件費を一定に保つためには、社員の世代のバランスを一定に保つことがコツです。

 

資金繰りが困難

資金繰りは、経営者が特に意識していなければならない事柄です。資金繰りと聞くと、売り上げが芳しくないケース特有のお悩みだと考える人が多いようです。しかし、売り上げが上がっている場合にも資金繰りは考えなくてはなりません。

たとえば、売掛金の回収まで時間がかかり、その間に支払いが立て込んでいると、黒字でも倒産することはあり得ます。資金繰りを潤沢に行うためには、管理表などでリアルタイムに確認するクセを付けて置くことが大切です。

 

売上が思うように上がらない

売り上げが思うように上がらない場合、どこに問題があるのかを明確にしましょう。ビジネスモデル自体に問題があるのか、マーケティングの方法に問題があるのか、広報や宣伝に問題があるのか、営業力に問題があるのかなど、一つ一つ潰していくことが大切です。

問題が明確となったら、ビジョンと目標を明確に設定し、そこに向かうプロセスをチェックすると良いでしょう。そうすることで、ビジョンや目標へのトライ&エラーができることとなり、可視化された経営を行うことが可能となります。

 

社内環境にまつわるお悩みと解決策

社内環境にまつわるお悩みも見ていきましょう。社内環境にまつわるお悩みは、ノウハウの継承がうまくいかないことや、業務効率が悪いことなどが挙げられます。

 

ノウハウの継承が上手くいかない

特に中小企業でありがちなことですが、ノウハウの継承がうまくいかないことが経営者の悩みとしてありがちです。中小企業の場合、社員一人当たりの役割が大企業よりも大きいため、一人一人の能力が全体に及ぼす影響が大きくなります。結果的に、社員は何でも自分でしなければならないことから、自立して行くケースが多いようです。

一方、そのノウハウが体系化されず、自分一人のものとしてシェアされないということもありがちです。社員一人ひとりのノウハウを体系化するために、リアルタイムに更新可能なマニュアル作成をおすすめします。

 

業務効率が悪い

どれだけ優秀な社員が揃っていたとしても、仕事が仕組み化されていなければ業務効率は上がりません。そのため、ロスが多い業務となっている会社をよく見かけます。業務効率のロスは、日々の業務が当たり前化することによって、浮き彫りになりにくいという問題点があります。 当たり前かした日常業務を疑問に感じ、効率化を図ろうとすることは簡単ではありません。

しかし、システムを活用すると、その日から効率化を図ることができます。システムを導入する場合には、ALL-IN(オールイン)のような、初心者でも利用しやすいものを活用しましょう。

 

まとめ

経営者は日々様々なお悩みを抱えています。そしてそのお悩みは自社の社員には言えないものばかりなので、孤独感を味わってる経営者も多いです。しかし、よくあるお悩みも解決することができますので、解決に向けて行動しましょう。

中小企業が経営を「システム化」するための3ポイント

生産性をあげる極意 無料小冊子プレゼント!

目次

  1. なぜ中小企業がシステム化出来ないのか?
  2. システム化する時に必ず抑えるべき13の視点
  3. 自社のシステム化 完成マップ作成シート

Facebookページにぜひ「いいね」をお願いします!

「いいね!」を押すと「経営をアップグレードしよう!」の最新コンテンツが受け取れます

すべての業務がひとつにつながる、クラウド経営システム「ALL-IN」について詳しく知りたい方はこちら!

クラウド経営システム「ALL-IN」の
資料をダウンロードする(無料)