経営コラム

Web制作におけるプロジェクト管理とは?システムを駆使して成功へ導け!

Web制作におけるプロジェクト管理を上手に行うにはどうすればいいでしょうか。

Web制作だけに限りませんが、目的を達成するためには、あらゆる管理を行い、迅速な意思決定を行う必要があります。当たり前のことですが、ただ何となくプロジェクトを進行していては、なかなか目的を達成することができません。

そこで、目的達成のためにおすすめしたいのがシステムの利用です。今回は、Web制作におけるプロジェクト管理について解説。システムを駆使して成功へと導く方法を紹介します。

Web制作におけるプロジェクト管理とは?

Web制作におけるプロジェクト管理は、主にWebディレクターが進行します。

プロジェクト管理は、Web制作における目的を明確にし、スケジュール設計、コスト管理、進捗管理、クライアントとのコミュニケーションなど、やることが多いです。その指揮をとるのがWebディレクターで、すべての責任を担います。

彼らが各プロセスを意識した上で進行しなければ、クライアントが求めるWebサイト像に到達することができません。

だからといってプロジェクト管理は、プロセス以外にもこだわらなければいけない点が多数あります。例えば、チーム内でのコミュニケーション、メンバーのモチベーション管理、起こり得るリスクへの対策など、各プロセスを進めながら、留意していくことがたくさんあります。

そんなプロジェクト管理ですが、正解は存在しません。そのため、自己流で指揮を取りがちになるのですが、失敗するケースも少なくはありません。そこで、まずはプロジェクト管理が失敗する原因を知っておきましょう。

プロジェクト管理が失敗する原因

ここでは、プロジェクト管理が失敗する原因を紹介していきます。どんな原因によりプロジェクトがダメになるのか。詳しい内容を確認していきましょう。

要件が整理されていない

Web制作におけるプロジェクトの目的は「クライアントの求めるものを形にする」こと。そのため、まず要件を定義する必要があります。この要件が整理されていない場合、クライアントの求める成果物を納品できません。

要件が曖昧なまま進行してしまうと、遅延する可能性もありますし、遅れを取り戻せない可能性も出てきます。

まずは、クライアントが何を求めているのか。要件を整理し、曖昧な点をなくしましょう。その上でプロジェクトを進行すれば、クライアントの求める形を実現できるでしょう。プロジェクトの目的を達成するためには、顧客との二人三脚が大切です。

作業の全量が把握できていない

プロジェクト管理において「作業量を把握する」ことは肝心です。ただ、プロジェクトが始まる前に作業の全量を把握するのは難しいといえます。どんなプロジェクトでも始動後に、作業が増えたり減ったりするのは当然のことです。

そこで重要なのは、リスケジュールできる余裕を持つこと。想定外のトラブルは防げませんが、リスクを想定した対処は可能です。プロジェクトの期限に余裕を持つ、万が一のことを考えてトラブルシューティングしておくなど、始動前にできることを行いましょう。

チームでの連携が取れていない

プロジェクトは、Webディレクターを中心に多くのメンバーで構成されています。各メンバーがそれぞれの業務を行い、しっかりと連携を図ることでプロジェクトが進行します。連携が取れていないと情報の共有ができず、意思の疎通が図れません。

誰が何をしているのかわからない状況でプロジェクトを進行すれば、計画は失敗に終わることでしょう。常に、Webディレクターを中心にコミュニケーションを取り、進捗状況を把握してください。

プロジェクト管理に必要なこと

続いて、プロジェクト管理に必要なことを紹介します。どんなことを意識すれば、プロジェクト管理がスムーズに進行できるのか。必要なことを理解し、成功に導いてください。

目的の明確化

プロジェクト管理は、目的を達成するための手段です。目的が明確化されていなければ、円滑にプロジェクトが進行できません。

まずは、クライアントの意見をヒアリングして、成果物の目的を明確にしてください。その上で、目的を達成するまでのプロセスを細分化し、さらに目的の”小目的”を明確化しましょう。小目的の達成を積み重ねることで、最終的には”大目的”にたどり着きます。

メンバー特性の把握

プロジェクトを進行するWebディレクターには、全体を俯瞰する能力が求められます。俯瞰する上で重要なのが、チームメンバーの特性を把握すること。チームメンバーを適材適所に振り分けることで、プロジェクトがスムーズに進みます。

チームメンバーの特性を把握していない場合、プロジェクトが遅延してしまう可能性が高いです。得意な分野があるメンバーに、関係のない業務をさせていては進捗に影響が出ます。Webディレクターなら、まずはメンバーの特性を理解して、適材適所に配置できるよう努めましょう。

コンスタントな進捗把握

プロジェクトは、常に動いています。刻一刻と進捗内容が変わるため、状況を常に把握しなければいけません。コミュニケーション不足で内容を把握できていない場合、クライアントに迷惑がかかります。できるだけ前のめりなコミュニケーションを心がけ、定期的に進捗管理を行いましょう。

コストの把握

プロジェクト管理においては「コストの把握」も大切です。プロジェクトの進捗状況によっては、コストを減らせる部分が出たり、増やす必要があったりと、動きがあります。見積もりと同じ状況になることは少ないので、常にコストを把握しておきましょう。

クライアント対峙にはスピーディな情報連携がマスト

プロジェクト管理において、重要なのは「情報の連携」と「数値化」です。クライアントと対峙した際に、素早く情報を提供でき、数値を可視化すれば、正確な意思決定ができます。プロジェクト管理において、情報や数値を元にした意思決定は、成功への近道です。

そこで、Web制作における意思決定にはシステムを駆使しましょう。

ALL-INで効率的な「PDCA」を実現

ALL-INは、すべての業務がひとつにつながるユーザー発想のクラウド経営システムです。顧客管理(CRM)・営業支援(SFA)・人事・給与・会計・販売・グループウェアなど全業務をカバーしています。

ALL-INなら、チームビルディング・プロジェクト収支管理機能で漏れなくプロジェクト管理が可能です。各意思決定が迅速になるため、効率的にPDCAを回すことができます。少しでもWeb制作におけるプロジェクト管理に不安があるなら、ALL-INを利用して成功へと導きましょう。

そんなALL-INは、低料金の定額制で、機能アップデートも無料で自動対応しています。低リスクで円滑にプロジェクト管理を行いたいなら、ALL-INの導入を検討してみてください。

まとめ

Web制作におけるプロジェクト管理を紹介しました。

クライアントの目的を達成するためには、Webディレクターによる指揮と、システムを利用した情報の共有・連携が不可欠です。現代では、多くの企業がプロジェクト管理にシステムを導入しています。クライアントの目的を達成し、自社の目標を達成するなら、優れたシステムを導入しましょう。

中小企業が経営を「システム化」するための3ポイント

生産性をあげる極意 無料小冊子プレゼント!

目次

  1. なぜ中小企業がシステム化出来ないのか?
  2. システム化する時に必ず抑えるべき13の視点
  3. 自社のシステム化 完成マップ作成シート

Facebookページにぜひ「いいね」をお願いします!

「いいね!」を押すと「経営をアップグレードしよう!」の最新コンテンツが受け取れます

すべての業務がひとつにつながる、クラウド経営システム「ALL-IN」について詳しく知りたい方はこちら!

クラウド経営システム「ALL-IN」の
資料をダウンロードする(無料)