経営コラム

企業の成長スピードを上げる!経営の可視化にはシステム導入が必要

企業の成長スピードを上げるためには、常に迅速で合理的な判断を下す必要があります。合理的な判断をするためには、正確なデータや現状を示す数値が欠かせません。こうした判断の手助けをしてくれるのが「経営の可視化」です。

そこで、今回は「経営の可視化」をテーマに解説します。企業にとって経営の可視化が必要な理由や可視化に必要なシステム導入、可視化に欠かせないデータの連携について紹介します。企業の成長スピードを上げたい方は、ぜひ参考にしてください。

経営の可視化とは

経営の可視化とは、「企業経営にまつわる、あらゆる数値を可視化する」ということ。

企業経営には、さまざまな数値が存在します。数値を明らかにしなければ、経営の全体像が見えません。不透明な経営を行っている企業ほど、数値が可視化されていません。

一方、さまざまな数値が可視化されている企業は、合理的な経営が実現できます。あらゆる事象に数値との因果関係が証明されているため、合理的な経営が可能です。

また可視化によって、業務プロセスの無駄を省いたり、属人的な作業リスクを減らしたりと、メリットが豊富です。

経営の可視化が必要な理由

企業にとって、なぜ経営の可視化が必要なのか。ここでは、主な3つの理由を解説していきます。いまひとつ、経営の可視化におけるメリットが把握できていない方は、改めて確認しておきましょう。

データによる合理的な判断ができる

合理的な判断を下すためには、抽象的ではなく具体的なデータが必要です。経営の可視化を行えば、あらゆる数値を把握できます。これにより、適切な判断が下せるようになるため、常に合理的に動くことが可能です。

効果的にPDCAを回せる

やみくもにPDCAを回しても、結果はなかなか付いてきません。効果的にPDCAを回すなら、経営の可視化は必須です。

目標を数値化し、目標値のどの辺りまで達成しているか確認をしながら実行し、結果を数値で確認、再び目標値を定めるというデータを元にして具体的な意思決定を行いましょう。

属人的な作業リスクを軽減できる

経営の可視化は、作業リスクの軽減にも役立ちます。業務内容を見える化すれば、作業上のリスクを把握できます。

その上で、属人的な作業リスクを持つ業務は、誰にでもできるよう効率化を実現してください。属人的な作業は、将来的に大きなリスクとなります。早めに可視化し、全員が利用できるマニュアルを作成しましょう。

経営の可視化に必要なシステムとは

経営の可視化を行うならシステム導入が必須です。一体どんなシステムを導入すれば、可視化を支援してくれるのか。ここでは、可視化に必要になる主なシステムを解説します。

CRM

顧客関係管理システムは、顧客情報を可視化するために必要なシステムです。顧客情報を数値化すれば、より詳しい分析ができ、さらなる顧客を生み出せます。

SFA

営業支援システムは、営業プロセスを可視化するために必要なシステムです。可視化によって、属人化されやすい営業情報を共有したり、営業プロセスを把握したりできます。

人事管理システム

人事管理システムは、従業員のあらゆる情報を可視化できます。人事管理が可視化できれば、より時代のニーズに合わせた人事管理が可能になります。

経営の可視化にはデータの連携が必須

ある分野のみ可視化を行っても、経営の全体像は把握できません。それぞれがバラバラに管理されている状態では、経営の可視化とは程遠い状況になります。経営を可視化する場合は、データの連携が必須です。

あらゆる分野のデータを連携させることで、新たな課題を把握でき、問題解決へとつながります。一方向からでは見えないことも、多方向から見れば本質がわかる可能性があります。これから経営を可視化を実践する方は、できるだけデータ連携が可能なシステムを導入しましょう。

経営を可視化するならALL-IN

弊社が提供するALL-INは経営を可視化するシステムです。ALL-INは「すべての業務がひとつにつながるユーザー発想のクラウド経営システム」なので、各データを連携できます。

前述した可視化に必要なシステムはほとんど搭載されており、顧客管理(CRM)・営業支援(SFA)・人事・給与・会計・販売・グループウェアなど全業務をカバーしています。

また、ALL-INでは可視化した経営状況がすべて把握できるコックピット機能を搭載。いわゆるホーム画面のようなもので、経営に必要なデータをまとめて表示できます。これにより、一目で会社の状況が把握できるため、迅速に合理的な判断が下せます。

企業の成長スピードを上げるためには、常に正しい判断を下せる環境が必要です。適切なシステムの導入は、判断を下す材料を豊富に提供してくれます。経営者として、明るい未来を考えるなら、経営を可視化するシステムを導入しましょう。

まとめ

経営の可視化にはシステム導入が必要な理由を解説しました。

経営において合理的な判断を下すためには材料となるデータが必要です。こうしたデータは、常に正しいものでなければいけません。経営の可視化を実現するシステムなら、常に正しいデータを提供してくれます。

経営の舵をとる経営者にとって、可視化されたデータは心強い味方となります。また、中小企業で働く社員にとっては、安心できる材料になります。経営の可視化は、企業の成長スピードを上げる起爆剤的な存在になってくれるでしょう。

少しでも将来に不安を抱くなら、ALL-INをはじめとするクラウド経営システムを導入し、現状を可視化しましょう。

中小企業が経営を「システム化」するための3ポイント

生産性をあげる極意 無料小冊子プレゼント!

目次

  1. なぜ中小企業がシステム化出来ないのか?
  2. システム化する時に必ず抑えるべき13の視点
  3. 自社のシステム化 完成マップ作成シート

Facebookページにぜひ「いいね」をお願いします!

「いいね!」を押すと「経営をアップグレードしよう!」の最新コンテンツが受け取れます

すべての業務がひとつにつながる、クラウド経営システム「ALL-IN」について詳しく知りたい方はこちら!

クラウド経営システム「ALL-IN」の
資料をダウンロードする(無料)