経営コラム

SaaSのメリット番外編:高い機動性と優れたセキュリティー

これまで、SaaSにはさまざまなメリットがあると紹介してきました。そこで、今回はSaaSのメリット番外編と称して、「高い機動性」そして「優れたセキュリティー」について解説します。

SaaSのメリットの中でも、特に秀でたメリットとして知られるのが「高い機動性」と「優れたセキュリティー」です。本記事で改めて、SaaSのメリットを掘り下げて、その内容を確認していきましょう。

SsaSは機動性の高いサービス

  • すぐに使える
  • 開発やカスタマイズに専門的な知識がいらない
  • どこからでもアクセス可能

SaaSは数あるサービスの中でも機動性の高さがメリットです。パソコンとインターネット環境さえあれば、いつでもどこでもSaaSが利用できます。ここでは、そんなSaaSの機動性の高さに着目してメリットを紹介していきます。

すぐに使える

SaaSの最大のメリットはすぐに使える点です。一般的なソフトウェア型やオンプレミス型のシステムの場合、導入までに時間を要します。

一方、SaaSはクラウド上のサービスになるため、会員登録などを行えば、すぐにサービスの利用を開始できます。自社に何か問題点が発生した場合、SaaSならすぐに導入でき、素早く課題の解決が可能です。

開発やカスタマイズに専門的な知識がいらない

SaaSなら、開発の工程やカスタマイズに専門的な知識は必要ありません。すでに、ベンダーが開発したサービスから選定し、カスタマイズも提供された範囲から選べます。

そのため、ソフトウェア型やオンプレミス型のシステムを導入する際の「導入前の要件定義」や「カスタマイズ範囲の確認」といった作業はいりません。専門知識がなくても、各サービスの内容やカスタマイズ範囲から導入を検討できます。

どこからでもアクセス可能

SaaSは、インターネットを軸にしたサービスです。クラウド上にアクセスできる媒体があれば、どこからでもアクセス可能です。スマホ、タブレット、パソコンと媒体を選ばないため、リアルタイムに利用状況を確認できます。

ソフトウェア型やオンプレミス型の場合は、媒体が固定されていることが多いため、この点は大きなメリットとなります。

SsaSは優れたセキュリティの持ち主

SaaSを導入する上で問題となるのがセキュリティーの高さです。一般的にクラウド上で動くサービスのため、誰もがセキュリティに不安を持つと思います。実は、SaaS自体のセキュリティは脆弱ではありません。

なぜ、SaaSが優れたセキュリティの持ち主なのか?その秘密を紐解いていきましょう。

なぜセキュリティが高いのか?

SaaSはソフトウェア型やオンプレミス型に比べて、セキュリティの脆弱性が心配されています。実際に、ソフトウェア型やオンプレミス型の場合、自社でシステムの管理を行うため、環境によっては高いセキュリティを維持できます。

一方、SaaSはベンダーにセキュリティの管理や運用を任せるため、情報漏えいなどのリスクに不安を覚えるのは当たり前といえるでしょう。

ここで知っておきたいのは、現在SaaSを提供しているベンダーのセキュリティ対策は万全だということです。これまでに比べて、SaaSの存在が当たり前になった今では、利用者が急速に増加しています。利用者が多いということは、それだけ扱うデータも多くなるため、優れたセキュリティ対策が必要になります。

SaaSを提供するベンダーにとって、セキュリティ対策はユーザーにも、そして他社との差別化を図る上でも重要です。SaaSを提供するベンダーの中には、セキュリティ情報を開示している場合もあるので、導入する前にチェックしておきましょう。

セキュリティを重視したSaaSの選び方

まず、SaaSのセキュリティ情報を確認しましょう。ベンダーの公式サイトなどで各セキュリティの情報が開示されている場合があります。ここで、内容を検証しておけば、導入後にリスクに晒されることは少ないです。正確なセキュリティ情報を開示していないSaaSは避けるようにしてください。

また、第三者機関による認証があるかも選定する上で重要です。セキュリティ対策に力を入れているベンダーなら、第三者機関を通して積極的に認証を得ています。一方、セキュリティ対策に力を入れていると記載しておきながら、こうした認証がない場合は注意してください。

ほかにも、セキュリティを重視したカスタマイズが用意されているか?という点も重要です。あらゆる観点からSaaSのセキュリティ状況確認し、導入前に選定する基準としてください。

中小企業経営者がSaaSを導入するならどれがおすすめ?

これから中小企業経営者がSaaSを導入するなら「クラウド経営システム」が欠かせません。クラウド経営システムとは、経営に関連したさまざまな機能が詰まったシステムです。こうしたシステムを導入することで、経営状況を可視化し、次の一手を即座に考えられます。

クラウド経営システムは、SaaS形式で提供されていることが多いため、経営における次なるステップを考えている方は、ぜひ導入を検討してみてください。もし、これから導入するなら弊社が提供しているALL-INがおすすめです。

中小企業経営者におすすめなALL-IN

ALL-INはクラウド上で利用できる経営システムです。顧客管理(CRM)・営業支援(SFA)・人事・給与・会計・販売・グループウェアなど全業務をカバーしており、現在の経営を見える化できます。

さらに、ALL-INは低料金の定額制で機能アップデートも無料で自動対応してくれます。本記事で紹介したSaaSのメリットを包括したシステムといえるでしょう。経営を行う上で少しでも不安や悩みがあるなら、ALL-INを導入してすべて解決してみてください。

まとめ

SaaSのメリット番外編を解説しました。

SaaSの大きなメリットは「高い機動性」と「優れたセキュリティー」です。今一度、本記事でメリットを把握して、よりSaaSの魅力に気づいてください。その上でSaaSを導入すれば、経営の役に立つこと間違いなしです。弊社のALL-INを含めてSaaSの導入を検討しましょう。

経営を「システム化」するための3ポイント

生産性をあげる極意 無料小冊子プレゼント!

目次

  1. なぜ中小企業がシステム化出来ないのか?
  2. システム化する時に必ず抑えるべき13の視点
  3. 自社のシステム化 完成マップ作成シート

Facebookページにぜひ「いいね」をお願いします!

「いいね!」を押すと「経営をアップグレードしよう!」の最新コンテンツが受け取れます

すべての業務がひとつにつながる、クラウド経営システム「ALL-IN」について詳しく知りたい方はこちら!

クラウド経営システム「ALL-IN」の
資料をダウンロードする(無料)