生産性向上のヒント

グローバルレベルでのマネジメントとしての「グローバル経営」に必要なものとは?

グローバル経営とは?

従来、2000年代に入るまでのビジネスは国内の顔が見える相手との取引が主流であり、海外との取引は限られた企業が行う特殊で難しいものとして捉えられていました。そのため、一般的には主に大手企業だけが海外との取引を行い、その他の企業は国内を中心とした取引で事業を展開していました。

多くの企業は国内を中心に活動していたため、馴染みのある文化・商慣習に基づき、過去を踏襲してビジネスを展開すれば、スムーズに事業を展開することができた時代であったと言えます。しかし、2000年代に入り、インターネットが急速に普及し環境が大きく変わりました。

インターネットの登場により、ビジネスの在り方は大きく変わり、顔の見える相手だけではなく、地理的に距離がある顔の見えない相手との取引が可能となり、ビジネスの展開が急速な拡大しました。それに応じて今まで接したことのない地理的な距離を飛び越えた相手とも取引が可能な世界になりました。

また、インターネットを通じて幅広い情報を得ることが可能となったため、実際に海外に進出するハードルも大きく下がり、海外の新興国の成長を求めて、数多くの企業が積極的に海外進出を果たしています。また日本に進出する企業や人も増加してきました。

このビジネス環境の大きな変化は、経営にも大きな変革を迫る結果となってきています。地理的にも近く、馴染みのある環境にいる従業員や取引先を想定していた従来の仕組みは機能しなくなってきています。また、経営も必然的にグローバル化を進めることが求められるようになり、自国内・自国の従業員のみで完結するビジネスはどんどん減少傾向にあります。

そのため、世界中の様々な国・地域のそれぞれの文化・商慣習・法律を考慮した上で、経営判断を行うことが求められる時代となってきています。これをグローバル経営と呼び、多くの経営者にとって避けられないポイントとなっています。

グローバル経営が必要とされる背景

グローバル経営が求められるようになった背景は、いつくかあると言われています。

まず、インターネットの普及によりボーダレスな企業活動が一般的になったことです。上述のとおり、インターネットは海外の取引先との接触を非常に容易なものへと変化させました。インターネットを使うことで、簡単に取引先を世界中から見つけることができるため、企業活動において国境はなくなりつつあり、経営もグローバル化せざるを得なくなっています。

次に企業が安い労働力や白地市場を求めて海外進出を強化している点もあります。日本国内は少子高齢化であり大きな成長が見込めない上に、労働力も不足しているという状況になります。そこで、多くの企業は労働力の担い手を海外に求め、また日本市場とは異なるまだ成熟していない市場(白地市場)を求めて、進出を強化しています。

これは非常に大きな流れとして、海外進出のために海外企業を買収する事例(クロスボーダーM&A)や、生産拠点を海外に作って現地で労働力を確保するという事例が多くなっており、否が応にも経営者にはグローバル経営の意識が求められる状況になっています。

さらに、最近のトレンドとして海外からの安い労働力を受け入れる流れも強くなってきています少子化が大きく影響していますが、国内の労働力が減少傾向になる中、海外から日本にやってくる労働者を受け入れるケースが年々増えており、多くの職場で外国人が働いている姿を見かけることは珍しくなくなってきました。

働き方改革、残業の抑制といった時代背景もあり、この流れはこれからますます加速すると考えられています。そのため、経営者は日本で活動をしていても外国人労働者に接する機会が増えてきており、必然的にグローバルな対応が求められる結果となっています。

このように事業活動の拠点に関わらず、グローバルな環境に接する機会が非常に増えており、グローバル経営という視点は、多くの経営者にとって益々重要なものとなっていくと考えてられています。


グローバル経営の目的

グローバル経営とは、一言でいえば、世界中の様々な国・地域のそれぞれの文化・商慣習・法律を考慮した上で、経営判断を行うことですが、このグローバル経営の目的は何でしょうか。

企業活動の目的は収益を獲得することであり、これを継続することで安定的な成長を目指すことにあります。そして、現在の環境の変化が激しい時代においては、従来とは異なり、変化に対応するために、様々なバックグラウンドを持つメンバー、取引先と事業を進め、事業を継続させていく能力が求められます。

この能力がグローバル経営であり、文化・習慣・法律が異なる海外での活動や外国人労働者との関係においても、それぞれの多様性に柔軟に対応し、安定的な企業活動を継続することがその目的と言えます。

従来のように、同じようなバックグラウンドを持つメンバーが、なんとなく共通意識を持って事業を進めるということが困難になってきた時代において、多様性を受け入れながらも事業を安定・継続させることが、グローバル経営の目的なのです。

グローバル経営管理の課題

グローバル経営においては、世界の動きを取り入れた幅広い視点を持つことが最も重要になります。そのためには情報収集・情報管理が最も重要なポイントになります。そして、これは多くの経営者にとっての課題となるものでもあります。

グローバル経営管理においては、グローバルな情報を一元的に、同じ視点で把握することが重要になります。特定の国・地域だけではなく、世界中の拠点の情報を一元的に管理する必要があるのです。そのためには、まず世界をまたいでの会計管理の仕組みを構築する必要があります。

そして、それに合わせて情報共有のための基盤の整備も求められます。世界中の関係者がタイムリーに同じ情報を共有し活動することで、初めてグローバル経営は成立するため、情報共有を効率的に行うための体制作りが非常に重要になります。

また、グローバル経営を遂行する上では、経営理念の共有も大きなポイントになります。企業は多くの人々の活動で成立する組織であるため、バックグラウンドが異なる企業を構成する人々が経営理念を共有しておかなければ、統一感のない活動を行う集合体になってしまい、企業の持続的な成長・継続は達成されません。

その他、具体的なポイントとして人事制度の策定についても注意が必要です。グローバルな環境では、出身・宗教・文化などが異なる様々な人々が活動しますが、企業として成長を継続させるためには、そういったメンバーの力を引き出す必要があり、メンバーそれぞれ納得感・充実感をもって働くことができる環境作りが重要になります。

そのためには、公平な人事制度の策定が不可欠となります。多様性を持ったメンバーが公平感を感じながら評価される人事制度、これは経営上の大きな課題となります。

グローバル経営においては、こういった多くの課題がありますが、これら課題を解決するためにグローバルに展開する各会社、各拠点といった軸ごとに対応できる経営環境を構築していく必要があります。

まとめ

多くの企業にとって、グローバルな事業展開は避けられないものとなっています。そして、グローバルに事業を拡大するためには、幅広い情報の収集・管理が必要不可欠であり、企業全体としての活動方針を正しく導くためには各拠点のデータをとりまとめて管理する、つまり連結管理する必要があります。

この点、ALL-INは各拠点ごとの販売・購買情報、会計・財務会計、人事、取引先情報など、事業において必要になる全ての情報を、一元管理することが可能であり、タイムリーに海外拠点を含む企業が置かれている情報をまとめて確認することができる、経営の見える化を実現するクラウドツールです。

ALL-INはグローバルな情報をとりまとめて管理、グローバルな経営状況を見える化することができるため、経営上の意思決定にとって非常に役立つ情報を得ることができる、グローバル経営を目指す経営者にオススメのシステムツールであると言えます。

 

 

中小企業が経営を「システム化」するための3ポイント

生産性をあげる極意 無料小冊子プレゼント!

目次

  1. なぜ中小企業がシステム化出来ないのか?
  2. システム化する時に必ず抑えるべき13の視点
  3. 自社のシステム化 完成マップ作成シート

Facebookページにぜひ「いいね」をお願いします!

「いいね!」を押すと「経営をアップグレードしよう!」の最新コンテンツが受け取れます

すべての業務がひとつにつながる、クラウド経営システム「ALL-IN」について詳しく知りたい方はこちら!

クラウド経営システム「ALL-IN」の
資料をダウンロードする(無料)