経営コラム

経営者の意思を左右する。部門別管理会計は「早く・正しく・わかりやすく」

経営者の意思決定を迅速に行うために重要なのが「管理会計」の存在です。経営者の正しい判断を支援する管理会計は「早く・正しく・わかりやすく」が重要となります。

そこで、今回は「部門別管理会計」に焦点を当てて、企業の意思決定をスムーズに進める極意を解説します。

最後には、部門別管理会計を早く・正しく・わかりやすくするために必要なツールも紹介するので、意思決定について悩んでいる経営者の方はぜひ参考にしてください。

部門別管理会計とは

部門別管理会計とは、その名の通り部門別に見る「管理会計」のことです。まず、管理会計を理解する上で重要なのが「財務会計」との関係性です。2つの会計の違いを理解して、知識を深めていきましょう。

  • 財務会計:外部報告会計:企業外部に対する会計
  • 管理会計:内部報告会計:企業内部に対する会計

財務会計と管理会計の違いは、企業の「内部の会計」「外部の会計」かという点です。

財務会計は、企業の外部関係者に対して、営業活動の成果を明らかにします。主に、決算時に作成する財務諸表の開示が財務会計に当たります。過去の業績を振り返ることが基本です。

一方、管理会計は企業の内部関係者に対して、会計情報を明らかにします。管理会計の情報は今後の業績評価や自社の経営管理に利用されます。管理会計に形式は存在しないため、部門別に会計情報を作成し、経営戦略の材料として使うのが一般的です。

主に、原価計算、変動損益計算書、キャッシュフロー分析などを扱い、会社の状態を把握、今後の見通しを立てていきます。

部門別管理会計と財務会計を行うタイミング

部門別管理会計は、社内に対する会計情報となるため、法令などで期日は定められていません。基本的に、自社のタイミングで行って構いませんが、多くの方は財務会計を作成する前後に行います。

一方、財務会計は、決算となるため法令によって期日が定められています。管理会計を行う際は財務会計と同時または情報が揃っている決算後がおすすめです。

部門別管理会計の目的は意思決定の支援

部門別管理会計の目的は「経営者の意思決定を支援」すること。

どんな意思決定を行うかによって、利用する情報も異なります。ただし、すべての領域を対象にすると、会計システムの価格も高額になり、目的を見失うことも少なくありません。また、内部の会計情報は中小企業でも膨大な量になるため、工数がかかることもあります。

まずは、どの部門の意思決定を行うのか?そして、意思決定に必要な会計情報を精査して目的を確立しましょう。

部門別管理会計には「早く・正しく・わかりやすく」が必要

管理会計情報をスムーズに活用するためには、常に情報を整理し”見える化”する必要があります。経営者が必要な時に情報を整理したり、資料を作成したりしていては意思決定に影響が出ます。そこで、管理会計に必要なのが「早く・正しく・わかりやすく」です。

部門別管理会計の「早く」

「早く」会計情報を引き出せるように、常に情報を蓄積しまとめておきましょう。リアルタイムで情報を扱うようにしておけば、経営者から要求があった際にすぐに提出できます。

部門別管理会計の「正しく」

情報に誤りがないように「正しく」確認する必要があります。管理会計を適切な手段で管理していない場合、情報の誤りが出る場合が可能性が考えられます。情報を間違えていれば、意思決定に大きな影響を及ぼすので、常に正しい情報か確認してください。

部門別管理会計の「わかりやすく」

「わかりやすく」は情報の内容が一目でわかる工夫です。どれだけ情報が蓄積されていも、わかりやすいグラフなどに落とし込まれていなければ、迅速な意思決定ができません。グラフなどの図を意識したデータを利用し、わかりやすく整理しましょう。

「早く・正しく・わかりやすく」を実現するためには?

管理会計の「早く・正しく・わかりやすく」を実現するためには、情報の”見える化”が必要です。経営状況のレポートやデータのエクスポート、さらに情報を分析できる環境があると、必要な時にすぐに取り出せます。また、管理会計情報は正しい情報でなくてはいけません。

こうした要望をすべて叶える存在がクラウド経営システムです。中でも、弊社が提供しているALL-INは、部門別管理会計の大きな味方になってくれます。

ALL-INなら管理会計を”見える化”できる

ALL-INはすべての業務をひとつにしたユーザー発想のクラウド経営システムです。一般的な経営システムとは異なり、クラウド上で管理しているため、媒体を問わずシームレスにアクセスできます。

ALL-INでは、顧客管理(CRM)・営業支援(SFA)・人事・給与・会計・販売・グループウェアを含めた全業務をカバーしています。本記事のテーマである会計システムも包括されているので安心して利用可能です。

常に、データを集積し素早く見える化、各業務の連携による正しい情報の入力、グラフをはじめとする図のわかりやすさなど、管理会計に必要な「早く・正しく・わかりやすく」はALL-INの導入で実現できます。

部門別管理会計を適切に管理したいならALL-INの導入がおすすめです。

ALL-INは、低料金の定額制で機能アップデートも無料で自動対応します。少しでも、部門別管理会計で意思決定を早くしたいなら、ALL-INの導入を検討してみてください。

まとめ

経営者の意思決定を左右する部門別管理会計について解説しました。

部門別管理会計は「早く・正しく・わかりやすく」が基本です。この要素をすべて満たそうとする、多大な労力がかかります。そこで、今回紹介したいALL-INを導入すれば、これらの要素を迅速に満たしてくれます。

自社の意思決定をスムーズにしたい方は、ALL-INを導入して「早く・正しく・わかりやすく」を実現しましょう。

中小企業が経営を「システム化」するための3ポイント

生産性をあげる極意 無料小冊子プレゼント!

目次

  1. なぜ中小企業がシステム化出来ないのか?
  2. システム化する時に必ず抑えるべき13の視点
  3. 自社のシステム化 完成マップ作成シート

Facebookページにぜひ「いいね」をお願いします!

「いいね!」を押すと「経営をアップグレードしよう!」の最新コンテンツが受け取れます

すべての業務がひとつにつながる、クラウド経営システム「ALL-IN」について詳しく知りたい方はこちら!

クラウド経営システム「ALL-IN」の
資料をダウンロードする(無料)