生産性向上のヒント, 経営コラム

マネジメント理解してますか?マネジメントを成功に導く2つの手段とは

一般的に「経営にはマネジメントが大切」といわれており、マネジメントがうまくいったことによって、業績が飛躍的に伸びた会社も数多く存在します。そのことだけでも重要性の高さはご理解いただけるでしょう。この記事ではマネジメントについて解説します。

マネジメントの重要性が高い3つの理由

マネジメントは、組織を最適化することによって、業績を上げることが期待される手法です。短期的なものではなく、継続的な効果が期待されるため、多くの経営者が学んでいます。

では、マネジメントがうまくいくことで業績が飛躍的に上がるほど、マネジメントの重要性が高いのは、そもそもどうしてなのでしょうか?まずは、マネジメントの重要性が高い理由について解説いたします。

マネジメントをしないと点が線にならない

組織の中にはいろいろな社員がいて、得意不得意を持っていますし、性格も異なります。そのため、マネジメントをしないと、社員の特性を活かすことができず、点が線でつながりません。

マネジメントは野球でたとえると分かりやすいのですが、ノーアウトランナー1塁で2番バッターに打順が回って来た時に、マネジメントをしているかしていないかで結果は大きく変わります。2番バッターがバントをせず、好き勝手に打ったり、そもそも打順自体が適切な打者でない可能性もあります。

マネジメントによって組織が活きる

マネジメントをしていると、2番バッターに相応しい打順を設定することができますし、2番バッターにバントの支持を出すことで、長打率の良い3番バッターにつなげることが可能です。足の速く出塁率の良い人が1番、バントがうまいバッターが2番、長打率のある人が3番バッター、そして、ホームランをよく打つ人が4番バッターとすると、打線はつながりやすくなるのです。

それと同じように、組織内での特性を自社の戦略とマッチングさせることで、業績に対する効果を期待することができるでしょう。

マネジメントで全体のモチベーションが上がる

マネジメントを行うと、社員のモチベーションアップにもつながります。マネジメントによって適材適所の配置を行ったり、業務効率化を図ったり、成果報酬を透明にしていると、社員のモチベーションは自然に上がります。

マネジメントの手法は他にもさまざまな方法がありますが、自社のカラーに合わせて適切に行うことで、モチベーション管理にも役立てることが可能です。

誤解されやすいマネジメントとリーダーの違い

経営者の多くは、マネジメントの重要性を感じていながらも、マネジメントの考え方を誤解しているケースがあります。特に、マネジメントとリーダーシップを混同している人が多く、そのことで効果的なマネジメントをできていない場合があるようです。ここでは、マネジメントとリーダーシップの違いについて解説したいと思います。

マネジメントとリーダーはよく誤解される

マネジメントとリーダーシップがよく誤解されるのは、リーダーがマネジメントをすることが多いからです。経営者は組織のリーダーである上、組織のマネジメントもしなければならず、気が付けば両方が混在している状態となりがちなのです。

もちろん、マネジメントやリーダーシップをどのように定義していても良いのですが、内容の違いを理解しておいた方が、適切な取組がしやすくなります。

リーダーは組織をリードする人

リーダーとは組織をリードする人です。目的を設定したり戦略を立てて、組織を引っ張っていく役割です。そのため、リーダーはビジョンを打ち出したり、方向性を定めることが大切となり、事業に対する先見の明が必要となります。

マネジメントは組織を運営する人

一方、マネジメントは、組織内部の最適化を図りながら、リーダーが示した道に沿って運営する仕事です。そのためには、組織内部のことを熟知している必要があります。住宅で例えると、どのような家を建てるのかを決めるのがリーダーで、実際に建てるのがマネジメントといえるでしょう。

マネジメントを成功に導く2つのアプローチ

マネジメントを実際にしてみると、想像以上に難しいことに気が付くでしょう。社員は経営者の思い通りに動いてくれるとは限りませんし、想像だにしなかった不測の事態に見舞われることも多々あるかと思います。

しかし、マネジメントが楽になる特効薬的な方法があります。その方法とは「必達の目標とご褒美を用意する」「システム導入でマネジメントの効率化」の2つです。

必達の目標とご褒美を用意する

必達すべき目標があり、達成すれば社員にとって魅力的なご褒美がもらえる場合、多くの社員が自ら目標達成に向けて尽力するかと思います。組織全体の目標を立て、それを個人に落とし込むことによって、全員が一丸となって目標にまい進することになります。結果的に、自然にモチベーションが上がり、マネジメントの手間が半減することになるでしょう。

システム導入でマネジメントの効率化

社員のモチベーションを下げたり、組織の生産性を落とすことが「非効率」という魔物です。非効率性が高ければ高いほど、社員にとってもムダが増え、やる気もそがれてしまいます。

そのため、システム導入によって効率性を上げましょう。システム導入のポイントは、経営に必要な​すべてのシステムがパッケージングされているものがおすすめです。

おわりに

マネジメントがうまくいくと、自社の社員の効果性を格段に引き上げることができます。マネジメントの重要性をしっかりと認識した上で、リーダーシップと住み分けた手法を取りましょう。マネジメントを楽にするためには、目標設定やシステム導入が不可欠です。それぞれ早目に検討されることをオススメします。

弊社が提供するクラウド型業務システム、ALL-INはすべてのマネジメントに必要な業務システムが1つに詰まったトータルマネジメントアシスタントシステムの特徴を持ちます。他のシステムと異なり、各システム同士の連携を必要としないほか、中小企業のマネジメントを助けるべく開発されたシステムであるため、価格を非常に安価に導入することが可能です。

ぜひ、一度ALL-INをお試しください。

(概要資料のダウンロードはこちらから)

中小企業が経営を「システム化」するための3ポイント

生産性をあげる極意 無料小冊子プレゼント!

目次

  1. なぜ中小企業がシステム化出来ないのか?
  2. システム化する時に必ず抑えるべき13の視点
  3. 自社のシステム化 完成マップ作成シート

Facebookページにぜひ「いいね」をお願いします!

「いいね!」を押すと「経営をアップグレードしよう!」の最新コンテンツが受け取れます

すべての業務がひとつにつながる、クラウド経営システム「ALL-IN」について詳しく知りたい方はこちら!

クラウド経営システム「ALL-IN」の
資料をダウンロードする(無料)