トップダウンとボトムアップの3つのデメリットをシステムで解決!

新着記事

  1. トップダウンとボトムアップの3つのデメリットをシステムで解決!

    企業経営において、トップダウンとボトムアップといずれが「企業成長力」があるのでしょうか。最近の風潮ではトップダウンのデメリット部分が強調される昨今ですが、一概には言いきれません。実際、トップダウンの企業が高成長、高収益企業となるケースも珍しくありませ…

  2. マネジメント理解してますか?マネジメントを成功に導く2つの手段とは

    一般的に「経営にはマネジメントが大切」といわれており、マネジメントがうまくいったことによって、業績が飛躍的に伸びた会社も数多く存在します。そのことだけでも重要性の高さはご理解いただけるでしょう。この記事ではマネジメントについて解説します。 マネジメン…

  3. 「SHIFT」を成功に導く!エクスターナル・マーケティングの極意とは?

    時代の流れが速くなり、ヒット商品の寿命もだんだん短くなりつつある今、既存の製品、サービスにとらわれることなく、新しい製品、サービスに「SHIFT」させることが企業には求められています。しかし、Appleのように全く新しいものを生み出すことは難しく、競…

  4. インナーブランディングが真に強い企業を作る!インナーブランディングの3つの効果を解説

    ブランディングは、対外的にするものだと思っている経営者が多いのですが、社内的に行うインナーブランディングは、より重要だという認識が必要です。この記事では、インナーブランディングの重要性や効果性、必要なことについて紹介します。 インナーブランディングが…

  5. 営業支援と販売管理システム連携で多くが変わる!営業のレベルを1つあげませんか?

    中小企業であっても、会計や給与管理についてはシステムを導入しているという会社は少なくありません。このような業務のシステム化は中小企業においても重要だと考えられている一方で、中小企業において属人化しやすい業務として最も挙げられるのが営業です。 さらに営…

経営を「ハイテク」にする12のITツール

経営をアップグレードする10のポイント

  1. 固客化

    「リピーター」を作る活動

  2. 見える化

    経営指標を整理し、いつでも見えるようにする活動

  3. 仕組み化

    属人的にならずに仕事を進める方法を構築すること

  4. 組織化

    人的能力とチームとしての生産性を最大化させるための活動

  5. 資産化

    未来の価値創造を容易にするための、コンテンツの蓄積など資産を積み上げる活動

  6. 共有知識化

    ノウハウを共有して、業務の効率化をしていく活動

  7. モバイル化

    いつでもどこでも仕事ができる環境を整備する活動

  8. 省力化

    同じ成果を少ない努力で出すための活動

  9. 一元化

    分散している社内のツールやシステム、データベースを整理・統合する活動

  10. 安全化

    重要な資産や情報を流出させないための対策やセキュリティ活動

経営アップグレードツール「ALL-IN」について

すべての業務がひとつにつながる、クラウド経営システム「ALL-IN」について詳しく知りたい方はこちら!

クラウド経営システム「ALL-IN」の
資料をダウンロードする(無料)

すべての業務がひとつにつながる、クラウド経営システム「ALL-IN」について詳しく知りたい方はこちら!

クラウド経営システム「ALL-IN」の
資料をダウンロードする(無料)