【経営者が知るべき経営指標】受注高推移を視覚化して未来を切り開く

新着記事

  1. 【経営者が知るべき経営指標】受注高推移を視覚化して未来を切り開く

    安定した経営の実現はすべての経営者の最重要課題です。 様々な指標を見ては、会社が安定しているのか一喜一憂している経営者も少なくはありません。 今回は経営が安定しているかを示す指標の一つである「受注高」をご紹介します。 どれだけの案件を受注したかによっ…

  2. 【経営者が知るべき経営指標】F/M比率を見える化して会社の安全性を高めよう!

    「F/M比率」という指標をご存知でしょうか? 企業の安全性を測る際に目安となる指標の一つに「F/M比率」があります。この指標を聞いたことがないという人でも、「損益分岐点比率」なら聞いたことがあるかもしれません。 今回は、企業の財務状況が一目でわかる「…

  3. 売上アップに欠かせない「LTV」の計算方法をマスターしよう!

    顧客目線の経営を行う上で欠かせない指標が「LTV」。安定した企業運営や継続的な企業の成長はLTVの向上無くして実現できません。今回はそんなLTVの計算方法とその上げ方を紹介します。 LTVとは? LTVは「Life Time Value」の頭文字をと…

  4. 70%が失敗するシステム導入の現実と解決策

    「システム導入を行った企業の”70%”が失敗している」 多くの企業が生産性向上のためにシステムを導入しますが、その半数以上が失敗という形に終わっています。いわゆるIT投資に含まれるシステム導入の現実は厳しいです。なぜ、システム導入が失敗に終わってしま…

  5. 業務改善のポイントとは?システムを導入する前に業務プロセスの見直しを

    「会社の光熱費を下げるために電気会社と契約した」 「業務改善のために複数のシステムを導入した」 「業務改善をするためにコストを減らした」 もし、あなたが上記のような業務改善を行っていたら。おそらく会社の生産性は向上しないでしょう。なぜなら、どれも業務…

経営を「ハイテク」にする12のITツール

経営をアップグレードする10のポイント

  1. 固客化

    「リピーター」を作る活動

  2. 見える化

    経営指標を整理し、いつでも見えるようにする活動

  3. 仕組み化

    属人的にならずに仕事を進める方法を構築すること

  4. 組織化

    人的能力とチームとしての生産性を最大化させるための活動

  5. 資産化

    未来の価値創造を容易にするための、コンテンツの蓄積など資産を積み上げる活動

  6. 共有知識化

    ノウハウを共有して、業務の効率化をしていく活動

  7. モバイル化

    いつでもどこでも仕事ができる環境を整備する活動

  8. 省力化

    同じ成果を少ない努力で出すための活動

  9. 一元化

    分散している社内のツールやシステム、データベースを整理・統合する活動

  10. 安全化

    重要な資産や情報を流出させないための対策やセキュリティ活動

経営アップグレードツール「ALL-IN」について

すべての業務がひとつにつながる、クラウド経営システム「ALL-IN」について詳しく知りたい方はこちら!

クラウド経営システム「ALL-IN」の
資料をダウンロードする(無料)