ALL-INのここが便利100

クラウド経営システム「ALL-IN」の特徴や活用方法について、様々な角度からご紹介いたします!

【中編】コックピットを見ながら経営力が上がる!中小企業経営者のためのALL-IN活用方法

この記事は約3分41秒で読めます。

前編から引き続き、経営力についてお伝えさせていただきます。

営業力と管理力について見ていきましょう!

3.「営業力〜売り込まなくても売れる営業システムをつくる〜」

ただ単に売るのではなく、顧客と良い関係性を構築しながら販売できるような「自然に売れる仕組み」を作るのには下記の4つの要素が必要となります。

3−1.「集客力」

見込み客を集める活動です。
集客は会社の生命線と言われております。

それはなぜか?
なぜならば、会社にとって顧客は、人間で言うと「」と同じものだからです。
水がなければ人は生きていけません。

同じように、顧客がいなくなってしまった会社は潰れます。
お客様になりそうな「見込み客」を集め続ける必要があります。

3-2.「見込み客フォロー」

見込み客フォローとは興味はあるが購入に至っていない全ての潜在顧客に購入に近づいてもらう活動です。

無理にプッシュするのではなく見込み客の段階によって適切な距離を保ちながら少しずつ購入に自発的に近づいてもらう仕組み作りです。

例えば一度接触した顧客に資料を送ったり、はがきを送ったり、食事に行ったり、見込み客フォローは色々な種類の活動があります。

話題になっている「コンテンツマーケティング」もこの領域に入ってきます。

3-3.「販売」

販売は購入を検討している見込み客に購入をしてもらう活動です。
この段階で顧客が「背中をそっと押す」だけの段階になっているのが望ましいです。

売り込まなくても売れる状態に顧客を見込み客フォローで育て販売をしていきましょう。

3-4.「ファン化」

購入した顧客に継続的にお付き合いしてもらう活動です。
購入してもらった顧客に何度も商品を購入してもらうような既存顧客フォローの仕組みを作ります。

第二の集客と呼ばれるように重要な活動です。

4.「管理力〜社長が不在でも回る業務体制をつくる〜」

管理力は事業の永続に必要な力です。以下の4つから成り立ちます。

4-1経理・財務

経営活動を貨幣単位によって記録・計算・整理・報告・保管して管理すること。
一言にするならば「お金の管理」とも言えます。

経営は経済活動なので「お金の動き」をしっかり把握することはとても大切です。

4-2.「チームビルディング」

メンバー一人ひとりが「自ら考え、自ら判断し、自ら行動し、自ら成果を出す」自立型組織をどのように作るか?
いい人材を採用して、育成、メンテナンスができなければ会社は成長しません。

4-3.「仕組み化」

仕組み化とは属人的にならず仕事を進める方法です。
仕事を細分化し、その1つ1つのパートで「いつ、どこで、誰がやっても同じ成果を出す方法」を構築することを目指します。

4-4.「投資とリスクマネジメント」

投資とは「お金/エネルギー/時間を使うことです。」
経営者としてどこに何を投資するのか?
あるいはリスクをどう分散するかを考える必要があります。

まとめ

経営力とは>商品力×営業力×管理力これの掛け算でパフォーマンスが決まります。
それら一つ一つを理解し、できているかできていないかを定期的にメンテナンスする必要があります。

それではALL-INを使って自社の経営力を高める方法を後編でお伝えさせていただきます。

担当者別カテゴリー一覧

Page Top