開発者の想い

「 ALL-INを開発した理由 」

1. 問題意識

国が自分に何をしてくれるかと
問うのではなく、
国に対して自分に
何ができるかを問いなさい。
ーJ・F・ケネディー

20代の頃、経営学を学んでいたアメリカで、この言葉に出逢いました。

当時は学生で、国や社会に貢献できる力もありませんでしたが、国や社会からしてもらうことに期待する人間ではなく、国や社会に自分ができることを考えて実行できる人間になりたいと強く想うようになりました。

20代後半、その想いを実現するべく、弊社ビジネスバンクグループ(*1)を立ち上げました。

「日本の開業率を10%に引き上げます!」

というミッションを掲げて、日本の劣悪な起業環境を変革/整備して、起業しやすい社会、起業した経営者が活躍して尊敬されるような社会をつくることを目指しました。

「ソーシャルベンチャー」という言葉や存在は、今でこそ浸透しましたが、当時は、私たちのように「社会課題の解決を目的に会社を立ち上げる」というのは、とても珍しい存在でした。今から約20年前、1997年のことです。

最初に手がけたのはレンタルオフィスという事業です。当時は、起業した会社が簡単に借りられるオフィスがなく、オフィスを借りようと思ったら大きな保証金や敷金を払わなければならず、起業者の深刻な ”困りごと” になっていました。

そこに問題意識を持った私たちは、保証金と敷金を「0」にし、机や椅子、パソコンまで備え付けのオフィスを作りました。新しいビジネスだったので最初の3年ほどは苦労しましたが、現在のシェアオフィスやコワーキングスペースの業態をつくったパイオニア企業として、広く認知されるようになりました。

この事業を初めとして、アーリーステージに投資するベンチャーキャピタル、起業者向けの会計サービス、経営者向けの教育事業など、起業や経営を支援する複数の事業を立ち上げ(ビジネスバンクグループ HP)、4000社以上の会社の経営に深く関わってきました。(*2

このように20年近く、数千社の経営の現実を見てきて、強く思ったことは、

「経営をもっと安全にしないといけない」

ということです。

「ALL-IN」の開発は、そんな強い問題意識からスタートしました。

(*1:当時は有限会社ビジネスバンクとして創業)
(*2:セミナーでの関わりなどを入れると1万社を超えます)

⇒次ページ:「多くの経営が失敗する2つの理由」

Copyright BUSINESS BANK GROUP, INC. All rights reserved.

このページのTOPに戻る