顧客管理

部門ごと、顧客ステータス別に​顧客を管理できます。正しく管理をすることで、​それぞれの顧客からの売上を​最大限に伸ばすために​行なうべき事が明確になります。

ALL-IN

お客様の生涯価値を最大化。

エクセルで顧客データを管理することはもう止めましょう。
ALL-INの「顧客管理」は、顧客との接点づくりから関係づくり、
そして管理までを行うことで顧客の満足度や信頼度を高めて、
顧客生涯価値(Life Time Value)の最大化を目指すことができます。

顧客の発見から、維持向上へ。

顧客の発見からロイヤリティの維持・向上までを管理するシステムです。

customers-flow

顧客を「個人」と「法人」で分けて管理

BtoBにもBtoCにも、様々なビジネスに柔軟に対応ができます。
消費者向けサービスを事業としている会社でも
事業パートナーなどの法人もまとめて管理できます。

顧客を「部門ごと」や「事業所別」に登録

他部門・他事業所からも、同じ顧客を参照することが可能です。
他部門で取引のある顧客を自部門の見込客としてアプローチできるので、
会社全体で持つ顧客情報を最大限にいかすことができます。

他の機能と自動連動するステータス管理

ALL-INは、顧客を一律で考えるのではなく、
「リード」→「見込客」→「顧客」→「リピーター」→「ファン」→「アンバサダー」といったステータス別で顧客を管理します。
また、他の機能と連動して、自動でステータスが更新されていきます。 cockpit-cursor-bottom

ステータス管理のプロセス

customers-status-process01

見込み客を発見して、「集客ツール」から自動登録。

《ALL-INー集客ツール》で生成されたWebフォームから、 個人や法人は自動的に「リード集客」のステータスに登録されます。

customers-status-process02

各種システムと連動、ステータスが自動更新。

営業活動が開始されると、《ALL-INー営業支援》で「見込客」のステータスに更新され、 《ALL-INー販売管理》で売上計上されると「顧客」 となります。

customers-status-process03

顧客ごとのロイヤリティが可視化されます。

購入を2回すると「リピーター」に自動でステータスが更新されます。 顧客ごとに自社に対するロイヤリティが可視化されます。

顧客対策がわかりやすい。

各事業部ごとに顧客を管理できるのはもちろん、ステータス別の顧客数や全社レベルの顧客数をつかむことも可能。
そのため、経営者が顧客対策を容易に実行することができます。

customers-measure01

部門別ステータス管理

営業情報が全社で共有されるため、
他部門のリピーター顧客を自部門の見込客として
営業活動を展開するなど、顧客の深掘りができます。

customers-measure01

顧客を「部門ごと」や「事業所別」に登録

他部門・他事業所からも、同じ顧客を参照することが可能です。
他部門で取引のある顧客を自部門の見込客としてアプローチできるので、
会社全体で持つ顧客情報を最大限にいかすことができます。

様々な特長があります。

各事業部ごとに顧客を管理できるのはもちろん、ステータス別の顧客数や全社レベルの顧客数をつかむことも可能です。
そのため、経営者が顧客対策を容易に実行することができます。

担当社員タブ

顧客が法人の場合、社員を紐づけることができます。
さらに事業所単位で担当者を設定することができます。

コンタクト履歴タブ

顧客との過去のコンタクト履歴が表示されるので、
いつ、誰が、どこで、顧客と接したかを確認することができます。

販売履歴タブ

顧客ごとの顧客生涯価値(Life Time Value)と販売履歴が一目でわかるので、
顧客の購買嗜好を読み取ることができます。

ファイルタブ

顧客ごとに提案資料や納品物などのファイルを保存することができるので、
急な顧客からの問い合わせにも対応ができます。

CSV取込

外部システムのCSVデータを取り込むことができます。

Page Top