ALL-INのここが便利100

クラウド経営システム「ALL-IN」の特徴や活用方法について、様々な角度からご紹介いたします!

ERPを月額38,000円で導入!システム検討の解決策『ALL-IN』

この記事は約2分59秒で読めます。

課題解決手段であるシステム導入

  • 社内業務の無駄
  • 見たい数字を生成する時間コスト
  • データの煩雑化による顧客関係性の悪化

上記のようなお悩みがあるときに解決策として取り上げられる業務システム。

業務システムは仕組みが構築されており、その仕組みに沿うことで効率化を図ることができます。

課題範囲によっては多くのコストがかかる

システムはお金と時間がかかり、コストパフォーマンスを計りづらい。そんなことを思ったことはありませんか?

グループウェアや勤怠ソフトなどは、導入前後での違いがはっきりしているのでわかりやすいのですが、ERPなど、影響範囲の広いものになると検証をしづらいものになります。

ただ、改善課題に対しての解決策が必ずしも単体機能を有したシステムとは限りません。

例えば、

  • 複数システムに同じ情報を入力している。
  • 経営の「見える化」を進めるために何を使ったらいいかわからない

など、単体システムでは解決できない課題、経営全般に対する課題であれば、解決策は多岐にわたり求められるシステムは多機能となります。

こういった場合、可能な限りコストロスを防ぐために、正確な現状把握、解決策の精査を行い、システム導入をすることをお勧めします。

導入障壁を低くする方法

中小企業には、それを実施する時間と知識を確保することは、日々の業務に追われる中、なかなか難しいことかと思います。
ALL-INなら低コストかつさまざまな機能を有しています。

最短3週間で実運用が開始可能

導入時には導入コンサルタントがナビゲート。最短3週間で実運用が開始できます。

経営に必要な要素を広くカバー

「顧客管理(CRM)」「営業支援(SFA)」「集客ツール(問い合わせフォーム)」「グループウェア」「人事・給与(勤怠/給与)」「販売・仕入・在庫」「会計・財務」「コックピット」では、それぞれのシステムから自動的にグラフをリアルタイムに生成します。

圧倒的な低コスト

これだけの要素をカバーするシステムになると月額数十万円かかることもあります。

『ALL-IN』は、基本料金 38,000円 + 利用ユーザー数×3,000円のみでご利用いただけます。

例えば、従業員規模20名の場合、一般的な価格帯だと 200,000円ほど『ALL-IN』は 89,000円(キャンペーンによりさらにお安くなる場合がございます。)と、半分以下の価格でご利用することができます。

必要最低限要項を満たしていると感じていただければ、是非、運用をスタートし、仕組み化を始めていきませんか?

お問い合わせいただければ、弊社担当スタッフがALL-INの説明だけではなく、仕組み化についての情報をお届けいたします。

担当者別カテゴリー一覧

Page Top